桃の画像

地域社会への取り組み

生産者と消費者の真ん中で、本当のおいしさを伝えたい

お菓子メーカーとして成長を続ける中、はじめて出店したアンテナショップが桃花亭小牧店でした。尾張地区は、桃の名産地。桃の花が咲き誇る果樹園で農家さんに話しかけてみると、一つの大きな桃を実らせるために、いくつもの小さな実を間引きするとのこと。もったいないので小さな実をもらってきて、いろいろと試してみた結果、漬け込むと桃の風味が出てくることがわかりました。そうして生まれたのが「桃福」です。一方、熟しすぎた桃を出荷できないという悩みも聞きました。
そちらは、期間限定販売の完熟白桃ゼリーという人気商品に育っています。

当社の原点が、そこにあります。

生産者の声を聞く。そうやって地域にとけ込み、地域に貢献する。
最近では、後継者難の果樹園を借り、自社農園を構えることもできました。自社農園では、工場からでる生ゴミから作った100%フルーツ堆肥で桃を育てます。
食への関心の高いお客様に、桃の栽培や収穫を体験していただく場としても活用する計画です。

桃の館という社名には、桃のお菓子の日本一であり続けたいという思いを込めました。 生産、加工と販売だけでなく、農業の部分も経営に取り入れた桃のお菓子には、絶対の自信があります。
それとともに、お菓子に使うフルーツを作っている全国の農家さんとの交流もあります。その土地にあったお菓子を作ってほしいという声にこたえて、地域限定のOEM商品も作ってきました。桃の日本一、さらには地産地消のプロフェッショナルとして、これからも、農家さん、お客さま、従業員、そして地域のすべての皆様に喜んでもらえる企業として歩んでいきます。